蟻の歩幅はマジシャンに理解されない

「焼きそば」のことを特別に考えている人って、たくさんいるのかな。過去の体験や偏見なんかが、「戦略」が現してることとゴッチャになることも、あると思うんだよね。

TOP PAGE

涼しい木曜の日没はビールを

ちょっと前、番組で、マックのチキンナゲットの味をまねたものといって紹介していました。
すごく味わえそうだと考えて、家内に作ってもらいましたが、マックのチキンナゲットの食感では決してないけれどうまかったです。
衣がほんの少し違ったのだけれど、中身は、同じチキンだから、俺の舌ぐらいではちょっとの差は何とも思わずとてもうまかったです。

悲しそうに走る姉妹とオレ
本を読むのは好きだけど、全部というはずはない。
江國香織さんの文章に凄く惹かれる。
非常に長いこと同じ小説を読んでいる状態だ。
ヒロインの梨果は、8年同棲した恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、そのきっかけである華子と一緒に暮らすようになるという少々変わった小説だ。
ラストは衝撃的で大胆な形だがそれを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」という感じがする。
それに、言葉の選び方や登場させる音楽、物などがお洒落。
ミリンダが飲みたくなるように書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出れば同じようにCDをかけてしまう。
ワードチョイスの方法が上手なんだと思う。
おまけに、ピンクグレープフルーツそっくりの月...というワードがどこで作られるのだろう。
文章に虜にされ、夜中に何度も同じ江國香織の小説を読んでしまう。
お気に入りの小説との深夜の一時は夜更かしの原因なのだと感じる。

熱中して踊る子供とぬるいビール

昔ものすごく肥えていた時代に、毎回欠かさなかったのがハニートーストだ。
その上、夕飯の終わりに4枚くらい食べた記憶もある。
最悪なことにそれと同じくして、ハッシュドポテトにまではまってしまい、巨大化の道へまっしぐらだった私。
試みたダイエット方法が無理のあるものばかりだ。
一つは、スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープしか口にしない食事だ。
仕事先にも水筒に作って持ち運んだという徹底さ。
その次は枝豆を夕飯に置き換えるという痩身法。
どれも、今ではできない。
その後、1年ほどかけて生活習慣を気にするようになると、するすると半分くらいに。
とにかく時間をかけてするのが一番。

気持ち良さそうに踊るあの人と私
釣り仲間が先日朝から釣りに行ったらしいが、何匹しか釣れなかったらしい。
コッパが見えるほどいて、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
けれど、外道だがイノコの50cmオーバーがあげれたらしいから、うらやましい。
前にいただいて刺身で食べたがめっちゃ美味だった。
大物でおいしい魚が釣れたと話を聞いたら行きたくなるが、まだ行けないので今度だ。

雪の降る水曜の明け方は冷酒を

関東地方でも昔から賑わっている下町、台東区の浅草。
最も由緒ある仏様が浅草の観音様だ。
まさに近頃、参拝に行ってきた。
久しく向かう東京都の浅草詣で。
改めて、自分自身の目で実際に直視し理解したのが、日本人以外の観光客が多い事実。
世界中より観光客が集まるここ浅草だけど、前よりどう見ても多い。
それは世界で一番の総合電波塔、スカイツリーが建った関係もあるだろう。
アジア諸国からは、羽田空港のハブ化に伴って便が良いという事から、それと、ヨーロッパ諸国やアメリカからは、着物や和装小物に憧れて来るツアー客が多いのだろう。
ともかく、これからの未来も多くの外国人観光客が来るということを予想させられた。
日本の良さを見つけ、ぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私は、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産として有名な人形焼と雷おこしなどをたくさん購入して、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、立派な浅草寺本堂が見えてくる。
この屋根瓦はチタン瓦を取り入れて、工事を行ったという。
浅草寺で秘仏の観音様に日本の平和を祈りしっかり願った。
努力が必ず成就しますように。

そよ風の吹く金曜の明け方は冷酒を
ここ何年か、小説をぜんぜん読まなくなった。
学生の頃は、かかさず読んでいたけれど、このごろ、仕事が忙しいし、小説を読む時間をとりにくい。
時間があったとしても、ゆっくりと好きな小説を読むという心になかなかなれないので、読んでいても楽しく感じにくい。
ただ、すごく楽しめる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がものすごく好きだから、お二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
それでも、次世代の光っている新人小説家がいないかと気になるからまた読んでみたい。
だけど、純文学なのだからと無理やり難しい言葉を並べているけれど内容が伝わりにくいものも多いからさびしい。

寒い火曜の夜はカクテルを

笑った顔って綺麗だなーと感じるので、なるべく笑顔で話すように気を付けている。
一応、時と状況と考えて。
でも、他の人に強引に押し付けては良いとは言えない。
つまり、一括では言えないけれど個人的な価値観として。
先程まで真剣な顔で一生懸命に仕事していた人が、笑ったその瞬間。
すごーく大好き。
笑いじわできる人が大好き!とよく言う学生時代の友人。
その気持ちも分かるかもしれない。

雨が降る仏滅の夕暮れにお菓子作り
その上お客様は、ほとんどが日本人という感じだったのでその光景に驚いた。
買い物中のお客さんは、ほとんどが日本人という様子だったのでその雰囲気にもびっくりした。
実は、韓国のスキンケア用品は肌の栄養になる成分が多く含まれているらしい。
もちろん、美容グッズにも興味はあったけれど、店番の人の言語能力にも感動した。
簡単な会話なのかもしれないが、日本語が堪能。
私たちは、簡単な韓国語を使おうと向かった韓国だったが、必要ないようだった。
仕事で使用するなら、努力次第で外国語を話せるようになるという事を目にすることができた旅行だった。

涼しい水曜の晩に想い出に浸る

めっちゃ甘いお菓子が好きで、甘いお菓子などをつくります。
普通に自分で一生懸命混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだけれども、ここ最近、ホームベーカリーで焼いてみた、とっても楽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養がとれるように心がけている。
甘味料が少量でもニンジンやかぼちゃ自体の甘さがあるから、好んで食べてくれます。
このごろは、スイーツ男子という言葉もテレビで言っているから普通だけども、しかし、だいぶ昔は、ケーキを焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、お菓子をつくる男性が多いねと言われる。

雹が降った平日の夜明けにひっそりと
花火大会の季節なのだけれど、今住んでいる位置が、行楽地で毎週夜に、打ち上げ花火が上がっているので、もうあきてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週、花火を打ちあげているので、クレームもゴマンとあるらしい。
俺の、家でもドンという花火の音が激しくて子供がパニックで泣いている。
夏の季節に数回ならいいが、夏期に、週末の夜、ガンガン音がなっていては、うざい。
早く終わればいいのにと思う。

Copyright (C) 2015 蟻の歩幅はマジシャンに理解されない All Rights Reserved.

TOP
PAGE