蟻の歩幅はマジシャンに理解されない

あなたが感じている「ラーメン」と、大多数の人が感じている「ラーメン」は、もしかしたらまったく違っているかも。そうやって考えてみると、ちょっぴり変な感じがする。

TOP PAGE

雲の無い水曜の朝はシャワーを

そんなには、テレビドラマは見ないけれど、最近、それでも、生きていくを逃さずに見ている。
殺人犯側の家族と被害者の両親と兄達が会うことになってというストーリーの流れで、普通はあるはずがない話だ。
殺された側の親兄弟と犯人側の親兄弟のどちら側も不幸なめにあっている話が出されている。
話の内容はものすごく暗いのだけれど、その分、映像の色づかいはきれいな雰囲気にされている。
花や自然の映像が非常に多く使われていて、牧歌的できれいな映像がとっても多用されている。
この後、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

涼しい大安の早朝は座ったままで
絵画やフォトといった芸術観賞が大好きで、絵も得意だと思うけれど、ものすごく写真が苦手だ。
それでも、昔、上機嫌で、ペンタックスの一眼を宝物にしていた時期もあって、なにがなんでも持ち歩いたりした。
笑えるほどピントが合わないし、芸術のかけらもないアングルなので、一眼がかわいそうだった。
それは良いとしても、レンズや画像処理はやっぱり凄くクールだと感じる芸術だ!

気持ち良さそうに跳ねる妹と僕

ある夜中、私は親友と、東京のアパートからから下道を使って、逗子海岸に向かった。
と言うのは、趣味の一眼レフで夜景を撮ることだったけれど、上手に写せない。
浜辺は久しぶりだったこともあり、しばらくするとヒールを脱いで海の中に入りはじめた。
だんだん飽きて、浜辺で山を作ることをするようになった。
この時位までは、絶対に近くに置いていたCANONのデジタル一眼。
じゅうぶん滞在して、帰宅の最中、ガソリンスタンドで私の一眼がケースごとない事にショックを受けた。
仕方なく部屋まで帰ったけれど、思い出すと、とても残念な思いをした記憶がある。
たくさんの思い出が記憶されていた私の一眼レフ、現在はどこにあるんだろう?

雨が降る日曜の昼に外へ
動物を見るのに非常にたんまり歩く動物園は、8月はめちゃめちゃ蒸し暑くて厳しい。
知人家族と私の家族ともども合同で観覧しに行ったが、すごく暑くてしんどかった。
めちゃめちゃ蒸し暑いので、動物も多くが行動していないしし、奥の日陰に隠れていたりで、さほど見えなかった。
次回は、クーラーのきいた水族館などがかなり暑いときはいいだろう。
子供が幼稚園の年長くらいになったら夜の動物園や水族館も楽しめそうだ。

前のめりで走るあの人と壊れた自動販売機

ある難しい仕事が舞い込んできたとき「どうにかなる」などと思っていた新人の頃。
当時の私たち新人みんなが「過ぎてしまったら大したことないよ」などのんびりとらえていた。
そしたら教育担当の女性が口を切ったセリフが記憶に残っている。
「目的のために充分に日々を過ごしたからこそ、業務終了後に成功しただけの話。
それ故に、この状況のように簡単にとらえていて、たまたま内容が大したことなかったという意味は含まれていません。
終わってしまえばなんてことないと言う裏の意味は、その逆です。
前からしっかり取り組み準備を進めたからこそ能力が有り余って、内容がスムーズに進んだと言う事実を言っています。
がっつり本気になりましたか?
なめてないで早く取り組んでください。」
という事。
その後、私はそれに向けて全力をそそぎじゅうぶん収めきることができた。

余裕で泳ぐあの子と読みかけの本
暑い季節は生ビールがすごくうまいけれど、このごろそんなには飲まなくなった。
30前は、いくらでも飲めたのに、年とともに次の日の朝に残るようになって少ししか飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった当時は大変あこがれ、行くのが大変楽しみだったけれど、会社の関係であきるほど行って、俺の心の中では、現在、印象が悪い。
けれど、取引会社との付き合いの関わりでとても久しぶりにビアガーデンに行った。
ものすごく久々にうまかったのだけど、テンションが上がってたいそうビールを飲みすぎて、やはり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

どしゃ降りの木曜の明け方に歩いてみる

このライカの一眼レフは、実は、海辺で見つけた物だ。
その日、7月のちょうど半ばで、中ごろで、例年通り暑くてたくさん汗をかいた。
彼女の家で、大好きな彼女と気まずくなってしまい、しばらく話したくないと言われたのだ。
夜中、自宅からこの砂浜までバイクでやってきて、浜辺を散歩していた。
すると、少し砂に埋もれたこの一眼レフに出会ったのだ。
手に取って好奇心で夜景写真を一枚撮影してみた。
この持ち主より、良い感じに撮れるかもしれないと思った。
恋人の可愛い笑顔撮りたいとか、思った以上にピント調節ってうまくいかないなー、とか独り言を言っていた。
連絡して、どうにかして会うことができたら、恋人に僕が悪かったと謝るつもりだ。
そしたら、この一眼レフ、交番に届けるつもりだ。

ノリノリで踊る友達と冷たい雨
今更ながら、任天堂DSにハマっている。
最初は、DS英単語に英語漬けや英語のゲームソフトを使用していただけであった。
だけど、ヤマダ電機でゲームソフトを選んでいたら英語関係以外も気になってしまい、無駄に欲しくなってしまう。
絵心講座や、マリオカート、どうぶつの森などなど。
面白い物で、中国語講座も発売されている。
DSは、待ち合わせなどの、暇な空き時間には有効活用できそうだ。

そよ風の吹く平日の夕暮れに外へ

息子がマルモダンスにはまっている。
私は教えていないけれど、2歳だけれど一生懸命まねしている。
テレビの中でマルモのおきてのメロディが聞こえると、録画した映像を見たがって泣いている。
保存したものを見せると止まることなくずーっと休むことなく見続けている。
母親からみて、テレビを見続けるよりは本を見たり、おもちゃで遊んだりするほうが好ましいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら絶対に離れていくものだから、今いっしょに遊んでおくのも私の為でもあると思う。

笑顔で吠える彼女と枯れた森
今更ながら、学校へ通うようになってから高校までそんなに勉強をしていなかった。
クラスメイトが集中して学んでいても、私は言われた通りの事をなんとなくやるといった感じだったように思う。
それでも、専門学校に入ってから自分の興味のある分野の勉強に変わると、内容がどばっと入ってくるようになった。
そして、社会に出て、見習い期間を過ぎて本格的な業務を任されると、どうしても頑張って学習せざるを得なくなった。
疲れたなど感じる間もなく、ひたすら知識を取り入れる時期が続いた。
こんな生活をしばらく体験すると、次は高校時代にしなかった勉強を見直したいと思うようになった。
そして、同じことを思っている人が周りに何人もいる。

Copyright (C) 2015 蟻の歩幅はマジシャンに理解されない All Rights Reserved.

TOP
PAGE