蟻の歩幅はマジシャンに理解されない

君が思っている「友達」と、大多数の人が想像する「ゲーマー」は、もしかすると全く違っているのかも。そう考えてみると、少し不思議じゃない?

TOP PAGE

気持ち良さそうに大声を出す兄弟と夕立

前から知っていたけど行ったことはないですが、日が暮れての動物園は、夜に動きやすい動物がとっても動いてて昼とは違い見ておもしろいらしい。
行ってみたかったけれど、夜の動物園は見に行ったことがないけれど、子供がもうちょっとわかるようになったら見てみようと考えている。
もう少し楽しめるようになったら、きっと、子供も笑ってくれるだろうから。
いつもの動物園と異なったムードを俺も楽しみながら体験してみたい。

笑顔で熱弁する君とオレ
ある曇りの日、少年はお母さんからおつかいをたのまれて、白菜とねぎと豚肉を買いにいく途中だった。
少年はこっそり笑った。
晩御飯はしゃぶしゃぶだ!いやっほぅ!…と。
しかし、彼への試練はその時起きたのである。
なんと、ズボンのポッケに入れていたはずのお使いのためのお金2千円が、どこにも無いのだ!
少年はスーパーの支払い所に並ぼうとする時、念のためポッケの中に手を入れて確認してみたのだ。
そしてその瞬間、お金がどこにも無いことに気がついたのである。
怒られる覚悟を決め、少年はしょうがなく手ぶらで家に帰ることにした。
次回からは、お金はクツかくつ下に入れよう。
少年は空を見上げて固く決意した。

控え目に口笛を吹く友達とわたし

昔よりNHK教育テレビを視聴することがたいそう増えた。
昔は、両親や叔母が視聴していたら、民放のものが視聴したいのに考えていたが、ここ最近は、NHKも見る。
楽しい番組が非常に少ないと思っていたのだけれど、最近は、楽しいものものも多くなったと思う。
それに加え、かたい番組も好んで見るようになった。
それ以外に、攻撃的でない内容のものや息子に悪影響がとても少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンでさえめちゃめちゃ攻撃的に見える。
毎週ぼこぼこにして解決だから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

騒がしく走る彼女と観光地
普段、至って無地のコーディネイトで出歩く私は、もちろんビックリされるけど。
コルセットやコスメや時計まで揃い、全部身につけたいと思えば破産しそうだ。
なんとしても、jillは夢中になってしまう何かがある。

暑い火曜の夜明けに熱燗を

小説家の江國香織の作品に表れる主役は、誰も狂気に満ちている。
話に出せば、落下する夕方の華子。
他にも、きらきらひかるの笑子。
もう一つ上げると、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國さんの持っている性質を、文章にして表した形なのかもしれない。
徹底的にクレイジーなのが、神様のボートの葉子だ。
もしかしたら迎えに来るかもしれない「あのひと」を待ち、色々なところに引っ越す。
恋人を絶対に忘れないよう、再び会えると思い込んで。
しまいに「ママは現実を生きていない」と、娘の草子に言われてしまうが、葉子にはいまいちピンとこない。
というのが、この話の一番クレイジーなところだ。
実際にウエハースの椅子には簡単に座りたくないけれど、神様のボートには乗りたい。
江國香織さんの書く、クレイジーでもはかなくてちょっと弱々しい主役が大大大好きだ。

目を閉じて泳ぐ母さんと冷たい雨
本日の晩御飯は一家そろって外で食べる事になっているので、少年は行く前からワクワクしていた。
何を食べようかな、と出発前からいろいろとシミュレーションしていた。
ピザやパスタ、春巻きやシュウマイ、なんてメニュー一覧にはどんな料理があるのかも楽しみだった。
今回は先日開店したファミレスだ。
お父さんが運転している車はじきにお店の駐車場に着く頃だ。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉ちゃんは少年の隣で、黙って座っている。
少年は車から降りると、ワクワクしながら、入り口の扉を開けて皆が来るのを待った。

月が見える木曜の明け方にカクテルを

一眼も、マジで大好きだけれど、それ以前にハマると言うくらい宝物なのがトイカメラだ。
3000円払えばちっちゃい物が気軽に持てるし、SDがあればパソコンですぐに再生できる。
現実味や、感動の瞬間を撮影するには、ピント調節ができるカメラがぴったりだと思う。
ところが、そこの情緒や季節の感覚を撮りたいときには、トイカメラには他の何にも負けないと熟考する。

曇っている水曜の夜明けに昔を懐かしむ
えっと思うくらいただの布は高い。
自分の子供が幼稚園に9月から行くので、袋が必要だけれども、しかし、えっと思うくらい布が安い物がなかった。
ことに、アニメのキャラクターものの生地なんて、ものすごく高かった。
アンパンマンやキティーちゃんの生地がたいそう高い。
使う大きさのの入れ物を購入した方が早いし、安価だが、へんぴな所なので、園に持って行っている人は皆、お手製だし、隣近所に売っていない。

雨が降る火曜の夕暮れに微笑んで

江國香織さんの物語に出てくる主人公は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
不倫を責めない。
遊びと、心底好きなのは別のただ一人。
なんてヒロインが多々いるような気がします。
不倫を陰だとしてみると、結婚生活は陽。
たまに別人が入ったように陰が出てくる。
旦那意外との恋愛に関する善悪は無視して、そのストーリーの主人公を研究する。
自分の中に新しい愛や見解が姿を見せることもある。

雪の降る仏滅の夜に昔を思い出す
8月に、宮崎に仕事に出かけた。
土地柄めっちゃあつい!
Vネックの上着の上に、スーツの上着。
汗まみれになりすぎて、スーツの背広はぼろぼろに。
ホテルにに着いて、上着を石鹸で洗った。
夜が明けてそのジャケットはイチゴの香りが続いた。
上着が痛むのではないかと気になったけれど、それでも洗いたいと思っていた。

Copyright (C) 2015 蟻の歩幅はマジシャンに理解されない All Rights Reserved.

TOP
PAGE